コーヒー好きな人が注意したい口臭予防の方法について

口臭の原因となるとされるコーヒーは、好きな人ほど気になるものです。なぜコーヒーが口臭の原因となってしまうのでしょうか。

口臭を悪化させてしまう原因にはいくつかあるので対策しましょう。口臭が気になるコーヒー好きな人の水分補給は一つのポイントとなります。

コーヒーの香りで落ち着くという人は多いものの、飲んだ後に口臭に変わりやすいと言われています。

なぜ良い香りだったものが悪臭になるのか、予防方法はないのかについて調べてみました。コーヒーを飲むとコーヒー豆の微粒子が舌に付着してしまい、それが口臭を悪化させます。

舌の表面はざらざらしているので、細かなコーヒー豆が残りやすい環境です。

また、コーヒーの利尿作用によって体内の水分が不足し唾液不足になります。細菌が繁殖しやすい状態を作ってしまうことが、コーヒーによる口臭発生の仕組みです。

カフェインには血流を悪化させたり、口腔内を酸性化させる作用があります。

血行が悪いと免疫力が下がり、口内の雑菌が急速に繁殖し始めます。これに加えて、酸性化で菌の活動が活発化されるため発生するガスの量も増えるということです。

1日に2,3杯程度のコーヒーであれば、口臭の悪化にそれほど影響はないと言われています。

ただし、人によっては元々唾液が少なくコーヒーによって、さらに唾液不足が進むことも考えられるでしょう。普段から口臭が気になる人は飲む量を減らすか、同時に水を飲むのがお勧めです。

コーヒーを飲んだ後にうがいをしたり、洗口液などで舌の表面を洗い流したりするのも口臭予防になります。

口臭予防しながらコーヒーを楽しむには、水分補給が大事なポイントです。

舌にコーヒー豆の微粒子を残さないためには、飲んだ後のうがいや歯磨きも忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする