スポンサーリンク

普段はあまり意識することのない唾液の分泌量ですが、実は口臭対策として重要なポイントとなります。

どうすれば分泌量を増やせるのか、口臭予防と唾液の関係についてまとめてみました。

口臭対策に欠かせないのが歯磨きですが、これは口内の細菌を洗い流すためにも大事なことです。

虫歯や歯周病など口内トラブルがなくても、人の口の中には多くの細菌が存在しています。

細菌が食べ物のカスを栄養にして増殖すると口臭や虫歯などの原因にもなります。

ニオイをなくす基本的な対策として行うのが、最近を減らすための歯磨きということです。

口内で悪臭を発生させる細菌を減らすためのもう一つの方法が唾液です。

殺菌作用のある唾液がスムーズに分泌されていれば、口内環境が急激に悪化することはないです。

しかし、ストレスや加齢などが原因で分泌量が減ると細菌が繁殖しやすくなります。

歯磨きだけでは口臭が改善されないと思ったら、唾液の減少を疑ってみましょう。

唾液の分泌量を増やすための効果的な方法は、食事をよく噛んで食べることです。

また人と話したり、歌ったりなど口を動かすことでも分泌量は増やせます。

体の乾燥は口内の乾燥にも繋がるため、水分摂取も積極的に行ってください。

意識しないと年齢とともに唾液の分泌量は減る一方で、そのために口臭が強くなる可能性も高いと言えます。

噛む回数が増える固いものを食べるなど、唾液量を増やせる生活を心掛ければ口臭対策も可能になるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事