スポンサーリンク

歯茎が腫れている人は、口臭に注意しましょう。腫れによって口臭がひどくなるのはなぜなのか詳しい解説を行っています。

ストレスや睡眠不足などで抵抗力が落ちると、口臭が強くなるなどの症状が現れます。歯茎の腫れそのものの治療法にも注意しましょう。

痛みはないけれど歯茎が腫れるという人は多く、それが口臭の原因になることもあります。

歯茎の腫れを放っておくと口臭がひどくなることもあるので注意しましょう。

ストレスや睡眠不足で疲れがたまった時、抵抗力が落ちて歯茎が腫れることがあります。

口内には常在細菌がたくさんありますが、善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれていればトラブルの原因になることはありません。

しかし抵抗力や免疫力が低下すると、悪玉菌が優勢になり歯茎が炎症を起こします。

悪玉菌の発生させるガスが口臭の原因となるため、体力を落とさないことが口臭予防になるでしょう。

歯茎の腫れの原因で最も多いのは歯周病や歯肉炎です。

歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、そこに細菌が入り込むと歯茎が腫れてしまいます。

膿や出血を伴うこともありますが、初期ではほとんど自覚症状がありません。

そのため歯周病菌が口内で増殖し、口臭を引き起こす原因となります。

最も大事な対策は原因となっている歯周病や歯肉炎の治療です。

歯石は定期的に除去し歯周ポケットを作らない、悪化させないことも重要です。

効果的な治療薬がなく、自然治癒も期待できないため自覚症状が出る前に歯科医に行き予防に努めることも忘れないでください。

違和感程度であっても、歯茎の腫れは歯や歯茎に何らかの異常がある証拠と言えます。

腫れがすぐに治まっても再発の可能性は高く、放置するほど口臭がひどくなることもあるので早めに治療しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事