スポンサーリンク

歯磨きをしっかり行うことで、口臭を防げるのでしょうか?正しいブラッシングの方法から、選び方までをご紹介しています。

市販の歯磨き粉にはさまざまなタイプがありますので、目的に合わせた選び方が大切です。雑菌を抑えるための歯磨きを行いましょう。

歯磨きは口臭予防の基本中の基本ですが、間違った歯磨きでは口臭を防げません。

ここでは歯ブラシや歯磨き粉の選び方、口臭予防に効果的なブラッシング方法をお伝えします。

市販の歯磨き粉には色々な種類があり、配合されている成分にも違いがあります。

口臭予防を第一に考えるのであれば殺菌成分配合のものがお勧めです。

最近注目されている乳酸菌配合の歯磨き粉は雑菌の繁殖や酸性を抑える効果が期待できます。

歯垢も付きにくくなるため、歯周病予防にも効果を発揮してくれるでしょう。

口内の汚れをしっかり落とすためには、歯ブラシの選び方も重要です。

ヘッドが大きすぎると奥歯が磨きにくいので、小さめのものを選びましょう。

歯と歯茎の間を磨くためにはブラシが柔らかめで、歯茎を傷つけないものが向いています。

歯ブラシで落とせない汚れはデンタルフロスや歯間ブラシで落としましょう。

ブラッシングは力を入れず、一本ずつの歯を磨くように行うのが正解です。

人差し指と親指で歯ブラシを持つと余計な力が入ることもありません。

歯磨きのタイミングは食後と寝る前ですが、食後すぐではなく30分くらい経ってからの方が良いと言われています。

鏡を見ながら前歯から奥歯へ、丁寧に時間をかけて磨いてください。

口臭の主な原因である食べ物のカスを落とし、雑菌の繁殖を抑えるためには歯磨きが必須です。

歯磨きだけで口臭がゼロになることはありませんが、この後のケアの効果を高めるためにも丁寧に磨きましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事