スポンサーリンク

よく胃が悪いと息が臭くなるといわれています。それは本当なのでしょうか。胃腸の健康状態と口臭の関連性についてまとめたページです。

正しい知識を持つことで、ただ悩むだけでなく、口臭の対策にもつながります。ぜひ確認してください。

口臭というと口の中に何らかの原因があると思いがちですが、実は胃腸の健康も大きく関わっているのです。

胃腸の健康が害されてしまうと、胃の機能が低下するため十二指腸潰瘍や胃潰瘍などの胃腸障害が起こることがありますが、疾患が引き起こされると唾液の分泌量が極端に減ってしまいます。

唾液には自浄作用といって、口臭の原因となる物質の働きを抑えたり、雑菌の繁殖を防ぐ働きを持っています。

その唾液が減ってしまうと自浄作用が低下することになるため、口臭を引き起こす物質の働きが活発になったり雑菌が繁殖しやすくなり、口臭が強くなってしまうのです。

また、食べたものがきちんと消化しきれないと胃の中で腐敗してしまい、そこから発生した有毒なガスが口臭につながることもあります。

と言っても、腐敗したものの臭いが直接食道を通って息に混じるというのではなく、有毒なガスは一度血中に取り込まれて肺の中に送られて、そこから嫌な臭いが口臭に混ざってしまいます。

唾液の分泌量の減少や肺から臭ってくるものの根源となっているものは胃腸の状態なので、胃腸の健康が口臭に大きな影響を与えていることになります。

胃腸障害が起きるのは、不規則な生活習慣や食生活、ストレスなどが原因と言われています。

ですので胃腸の健康を害さないために、規則正しい食生活を心がける、生活習慣を改善する、そしてストレスを溜めないようにすることが一つの口臭対策になると言えるのですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事