入れ歯愛用者が注意したい口臭とは?主な原因と対策について

入れ歯を愛用している人の中には、口臭を気にしている人も少なくないようです。

ここでは、入れ歯で口臭がひどくなる原因とその対策についてお伝えします。

部分入れ歯も含めると普段から入れ歯を愛用している人の数は、かなり多いと言えるでしょう。

装着するようになってから口臭が強くなった、外した時の口臭が気になるという人も多くいます。

この原因として考えられるのは、口内のトラブルと入れ歯自体のニオイです。

通常の口臭対策以外に、入れ歯独特の口臭にも注意が必要でしょう。

唾液不足によって細菌が繁殖するとガスを発生させ、口臭の原因になります。

歯垢や歯石がたまっていると菌が付着しやすくなるため、定期的にクリーニングが必要です。

高齢になると歯周病にかかっている人も増えるので、虫歯や歯周病も早めに治療しておきましょう。

入れ歯特有の口臭は、使われている素材の特性や劣化によるものが多いそうです。

臭い移りしやすいプラスチック製の入れ歯は、丁寧に手入れしていても段々臭いやすくなります。

専用の洗浄剤で手入れしてもニオイが気になる時は、新しい入れ歯に交換することも検討してみましょう。

また、入れ歯ではなくインプラントに交換することも、根本的な口臭対策として有効だと言われています。

入れ歯にしてから口臭がひどい、着けはずしの際にニオイが気になるという人は多いようです。

口臭を少しでも改善し、予防するためにも口内と入れ歯を清潔に保つよう心掛けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする