重曹水によるうがいで口臭を消すことが出来るのは本当なのか

掃除や洗濯で大活躍する重曹は、口臭予防などのオーラルケアにも使えるそうです。

本当に重曹水で口臭が消せるのか、気になる噂について調べてみました。

重曹は口臭予防や初期虫歯の治療、歯石予防などに効果的な万能薬という歯科医もいます。

最近では重曹入りの歯磨き粉なども市販されており、その効果を実感している人もいるでしょう。

重曹が口臭を抑える理由は、酸性に傾いた口内を中和してくれるからです。

アルカリ性の重曹で中和すると、雑菌が繁殖しにくい理想的な口内環境になると言われています。

重曹うがいの方法は食用の重曹を水に溶かして通常通りにうがいするだけです。

使用量の目安は100mlの水に小さじ1杯弱、味やニオイも気にならなりません。

ただし、掃除用や洗濯用など純度の低いものもあるので、必ず食用の物を用いてください。

歯磨き前や就寝前など、いつでも好きなタイミングでうがいをするだけなので使い方も簡単です。

重曹うがいを続けていると歯垢や歯石が付きにくくなるため、歯周病予防としてもお勧めです。

ペットボトルに作り置きしておけば、外出先で口臭が気になる時にも使えます。

重曹水によるうがいで口臭が消えるという噂は、本当だと考えて良いでしょう。

マウスウォッシュや歯磨きだけでなく、オーラルケアにぜひ取り入れたいのが重曹うがいです。

薬局などで安く手に入るうえに口臭予防効果はかなり高いようなので、ニオイが気になる時には試してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする