スポンサーリンク

介護を受ける人にとっても介護される人にとっても、口腔ケアは重要な課題と言われます。

どんな点に気をつけてケアすれば良いのか、口臭予防には何が効果的なのかについてまとめてみました。

介護が必要な高齢者は唾液の分泌量が減少するため、口臭が発生しやすくなっています。

よく噛んで食べることで唾液分泌を促せますが、歯の状態によってはそれも難しいでしょう。

人によっては上手に歯磨きできなくなっていることもあるため、介護する人が口腔ケアに気を配ることが重要です。

入れ歯を使用している介護者は口内だけでなく、入れ歯の手入れを怠らないことも大事です。

歯ブラシが使いづらい時には、ガーゼや綿棒などで口内全体を拭うようにしてお手入れします。

口内に雑菌が残っていると繁殖した細菌が気管に入り、誤嚥性肺炎にかかることもあります。

徹底した口腔ケアは口臭予防だけでなく、介護が必要な人の命を守ることにもなるということです。

口回りの筋肉が衰えると唾液の分泌量が減ったり、うがいが難しくなったりします。

舌を口内で動かしたり、大きく口を開閉したりするだけでも筋力向上が期待できます。

食べ物を口からこぼすことも少なくなり、口臭予防にもなるため口腔ケアの一環として行うのがお勧めです。

要介護者の口臭は介護する人だけでなく、本人にも精神的なストレスになります。

口腔ケアを行い口臭予防することで、介護する側とされる側のどちらにとってもプラスに働くでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事