スポンサーリンク

体臭には中高年特有の加齢臭というニオイがありますが、口臭も加齢によって変化するのでしょうか。

ここでは加齢によって、ひどくなる口臭に効果的な対策についてお伝えします。

口臭予防に大きな役割を果たす唾液の分泌量は、加齢に伴って減少していきます。

中高年以降は唾液不足によるドライマウスになりやすく、口臭が強くなる人も少なくありません。

これを防ぐためにはよく噛んで食べることが大事ですが、喫煙や飲酒量を控える努力も必要でしょう。

ストレスや慢性的な寝不足なども、自律神経の乱れによる唾液量減少の原因となります。

また運動不足や口呼吸の習慣も、唾液の分泌量に影響を与えると言われています。

鼻呼吸がしづらい人は鼻の病気を抱えている可能性もあるため、一度耳鼻科の診察を受けてみましょう。

規則正しい生活や適度な運動などの生活改善も、口臭を予防するための対策の一つです。

40代以上では8割以上がかかっていると言われる歯周病も、口内の雑菌を増やす口臭の原因の一つです。

自覚症状がないまま進行するため、定期的な歯科検診も忘れないようにしましょう。

虫歯がないと歯医者に行かないという人は、知らないうちに口臭が強くなっている可能性もあります。

年齢とともに唾液の分泌が減ると口内で雑菌が繁殖しやすくなり、結果として口臭が強くなりがちです。

歯磨きなどのオーラルケアはもちろん、生活習慣の見直しも中高年以降の口臭対策として大事なポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事