スポンサーリンク

口臭の原因には虫歯も挙げられます。虫歯になるとなぜ口臭が発生するのか、子供の虫歯を早期に発見するにはどうしたらいいのか。子供の口臭と虫歯の関係について調べてみました。口臭は自分でも気が付きにくいものなので、子供が傷つく前に対処したいものです。

子供の口臭と言っても、原因となるのは大人の口臭とほとんど同じですが、もっとも多いのは歯磨き不足による虫歯や歯垢、舌苔です。

大人なら歯磨きをする時に、虫歯や口臭予防のために、奥歯や歯の隙間などに食べ物のカスなどが残らないようにしっかりと磨くことを意識しますが、子供というのは歯磨きが面倒と感じていることも多く、そのためおざなりになってしまいます。

いくら親が仕上げ磨きをしていても、人の歯を完全に綺麗にするのは難しいので、虫歯になりやすく歯垢や舌苔などがつきやすいのです。

また、子供は口呼吸をすることが多く、それが原因で口の中が乾燥し唾液の分泌量が低下してしまいます。分泌量が低下すると、雑菌が繁殖しやすくなり、口臭が引き起こされたり、虫歯を出来やすくしてしまうのです。

また、虫歯が進行してくると歯石を分解する酸が発生し、それがにおいを発します。そこに食べかすがつき、分解される際にもまたにおいが発生し、悪臭となるのです。

普通、虫歯があれば痛いから子供が痛みを訴えてくると思うかもしれませんが、虫歯の初期段階では痛みがないので、自分自身で気づくことができません。

歯垢があったとしても子供には分かりませんし、親が見てもよっぽどひどい状態じゃない限りは分からないでしょう。

そのため口臭が歯科的な原因であっても本人も親も分からないので、子供の口臭の原因を突き止めるには、自覚症状がない場合でも、まずは小児歯科を受診してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事