口内の唾液分泌量について

口臭がきつくなる原因と口内の唾液分泌量には関係性があります。

口内に唾液の量が減ってしまうことがないよう普段から予防の対策をしっかりしておきたいものですね。唾液を増やす方法は当ページを参考にしてみましょう。

口臭の原因というと虫歯や歯周病の他にも、雑菌の繁殖やプラークなどが挙げられますが、口内環境の悪化を引き起こすのが口内の唾液分泌量の低下です。

唾液の中にはリゾチームという酵素が含まれているのですが、この酵素は細菌の細胞壁を溶かす働きを持っています。

溶かされた細菌は死滅していくので、唾液は口内の環境を清潔に保つ効果があるのですね。

万が一リゾチームで溶かされなかった細菌があても、唾液と一緒に胃腸まで運ばれて胃酸によって死滅させることができます。

口内にしっかりと唾液が分泌されていれば口臭が起こることはほとんどないのです。

ですが、唾液の分泌量は常に一定ではなく、体の状態や口内の乾燥などによって低下することがあります。

例えば胃腸障害などがあると胃腸の働きが低下してしまうために食欲がなくなりますが、唾液は食欲を感じることで分泌されるので病気によって唾液分泌量が低下します。

またもう一つ、鼻が詰まって口呼吸をしたり、口呼吸が習慣になっている方は口の中が乾燥してしまうので、いくら唾液が分泌されても不足してしまいます。

唾液分泌量を増やすには、病気にならないようにするのはもちろん、よく噛んで食べて胃や脳を刺激したり、おしゃべりをするようにしたり、お口体操を取り入れるのが効果的です。

口の中をしっかり動かすとあらゆる部分に刺激が与えられるので唾液分泌量が促進されるので、口臭が気になる方は意識的に口を動かすようにするといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする