ああ、マスクが臭い!マスクの臭いは口臭が原因なのか?

口臭がする原因は様々で、歯磨きなどのケアをしている健康な人であっても生活的口臭は起こり得る症状です。

不安をお持ちの方はこちらで掲載中の方法を実践してみてください。簡単に口臭ケアできる情報をお見逃しなく見てみましょう。

一度着用したマスクは独特の臭いがするものなので、その臭いを嗅ぐと、自分の普段の口臭もこんなに臭いのかと不安になってしまうこともあるでしょう。

ですが、マスクの臭いと口臭は決して同じわけではないので、神経質になりすぎる必要はありません。

マスクの臭いの一番の原因となっているのは、自分自身の唾液です。

経験がある方もいるかもしれませんが、一度唾液がついたものがそのまま乾くと臭いニオイがします。

マスクは口と密着しているものなので、特に咳などがひどくなくても、単にしゃべったりするだけでたくさんの唾液や気化した唾液が付着してしまいます。

ミスト状の唾液はすぐに乾燥するので、乾燥した唾液がついたマスクは臭うようになってしまうのです。

また、もしも風邪などが原因でマスクをしていると、咳やくしゃみをしたときに大量のウィルスや雑菌が付着します。

そしてマスクの内側というのは息などによってある程度の温度が保たれていますし、湿度も高くなっているため、付着した雑菌が繁殖しやすい状態にもなっています。

雑菌が繁殖しやすい状態だと、嫌な臭いが付きやすくなるのです。

ただし残念ながら、もともと口臭が強めの人だと、呼吸をすることで臭いが移ってしまっている可能性もあります。

自分で口臭に気がついてない場合でも、異常に臭いようなら一度口臭チェックをしてみましょう。

ビニール袋に自分の息を吹き入れて、そのニオイを嗅いでみて臭いようであれば、口臭が原因ですので何らかの対策を取るようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする