スポンサーリンク

アルコールが大好きという人には口臭トラブルが付き物かもしれません。特に中高年の方は口臭が強くなる傾向にあるために注意しましょう。

口臭に悩む方は歯周病のリスクを高めるとも言われているアルコールとの上手な付き合い方をこのページで一緒に探しましょう。

お酒を飲んだ直後のアルコール臭だけでなく、飲酒は口臭を強めることでも知られています。

頻繁にお酒を飲む中高年は、アルコールによる口臭トラブルについても対策が必要でしょう。

お酒を飲んだ翌日に口臭が強くなるのは、利尿作用によって体の水分が不足するからです。

水分不足は口内の乾燥を招く原因にもなるため、雑菌が繁殖し悪臭のするガスを発生させます。

飲酒後は普段以上に水分を摂取し、水分不足を防ぐように気をつけましょう。

就寝前にしっかり歯磨きしておくと、口内の雑菌を減らす効果も期待できます。

アルコールは歯周病のリスクを高めるとも言われるため、中高年は特に注意した方が良さそうです。

喫煙と飲酒という組み合わせも歯周病にかかる割合が高くなると言われています。

口臭の原因となる歯周病予防のためには、喫煙も飲酒も控えめにするのが正解です。

もちろん歯周病や虫歯を治療することで、口臭予防効果も期待できます。

禁酒でストレスを感じるのであれば、お酒と上手に付き合うことが大事です。

酔って歯磨きもせず寝てしまうような習慣を改める、飲酒量を控えるといった点に気をつけましょう。

また唾液不足にならないようおつまみには噛む回数が増やせるものを食べる、飲酒量と同じだけ水を飲むことも大切です。

お酒は適度に飲む程度であれば、ストレス発散にも健康維持にも役立ちます。

ただし飲み過ぎは、口臭を悪化させる原因になるということは覚えておいてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事