口臭を防ぐためのマウスウォッシュの使い方について

マウスウォッシュを上手に使って口臭を防いでみませんか?

エチケット商品には製品ごとに使い方が異なるので注意しましょう。洗口液と液体歯磨きの二種類がありますので使い分けましょう。

刺激の強いマウスウォッシは口内を乾燥させる恐れがあります。マウスウォッシについてしっかり知りましょう。

歯磨き後や食後にマウスウォッシュを使えば、気になる口臭の予防効果が期待できます。

製品ごとに使い方が異なるため、正しい使い方で口臭対策をしてください。

マウスウォッシュは洗口液と液体歯磨きの2種類に分けられます。

どちらにも口臭予防効果が期待できますが、使用方法が異なるため間違えないことが大事です。

エチケット商品購入時にはどちらのタイプなのかをきちんと確認し、使用上の注意にも目を通しておきましょう。

洗口液は基本的に歯磨き後に使用するもので、歯磨き代わりに使うのは間違いです。

口内を殺菌したり清涼感を与えたりするのが目的で、歯垢や歯石除去効果はありません。

使用後に水でうがいをすると効果が弱まるため、マウスウォッシュで仕上げるよう気をつけてください。

アルコール入りで刺激が強いものは、口の中が乾燥するのでアルコール不使用のものがお勧めです。

液体歯磨きは口に含んでうがいをした後にブラッシングをします。

歯と歯の間や歯茎との境目にも有効成分が届きやすいため、練り歯磨きよりも効果的と言われています。

泡があまりたたないものも多く、時間をかけて丁寧に歯磨きする時にも使いやすいでしょう。

薬用成分を口にとどめておくため、仕上げの水うがいは不要です。

洗口液も液体歯磨きも口臭予防効果が期待できますが、正しい使い方をすることが大事です。

配合されている薬用成分や口臭予防成分、使用感もそれぞれ違うため自分好みで続けやすいものを選ぶと良いでしょう。