内臓疾患と口臭の繋がり

強い口臭は病気の症状の一つであることも多いようです。ここでは内臓疾患にスポットを当てて、口臭とのつながりや影響をまとめています。

胃潰瘍や気管支炎なども口臭を起こす原因となります。ほかの病気についてもしっかりと確認しておきましょう。

口臭に気がつくと、胃が悪いのでは、内蔵に問題があるのではと疑ってしまう方も多いようです。

ですが口臭の原因というのはいろいろあるものの、その約80%は口腔内にあると言われていて、内蔵に何らかの原因があることは少ないのが実情です。

口臭がある場合には、まずは歯磨きやデンタルフロスを徹底して口内の衛生に気をつけたり、歯科医や耳鼻科などで病的原因がないかを調べるのが先決です。

歯間ブラシやマウスウォッシュを行ったり、病的にまったく問題がなくても口臭がするのであれば、内臓疾患が原因で口臭が引き起こされている可能性が高くなります。

口臭を引き起こす内臓疾患は、胃潰瘍や逆流性食道炎、気管支炎などが挙げられますが、中には糖尿病や肺結核、肝硬変、悪性腫瘍など、かなり重度で命に関わる内臓疾患が原因になっていることもあります。

重度の内臓疾患というのは、初期段階だと自覚症状がほとんどないので早期発見が難しいのですが、口臭は早期発見をするきっかけになるので、まったく原因が思い浮かばない場合は内科を受診しましょう。

胃腸に疾患があると食べ物が異常発酵したり、悪玉菌が増殖して臭い物質を発生させるため口臭につながります。

肝臓は臭い物質を分解する働きがありますが、異常があると臭いが分解されませんし、糖尿病などはドライマウスを引き起こして唾液の分泌量を低下させるので口臭が発生します。

ですので、歯科医でも耳鼻科でも原因がまったく分からない場合は、体に異常がなかったとしても内科を受診してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする