スポンサーリンク

口臭はいつ頃から強くなるのでしょうか?本格的な予防を始めた方が良い年齢について気になる情報をまとめています。

虫歯や歯周病によって発生する口臭ですが、唾液の分泌量なども関係しています。対策方法もご紹介しています。

年齢とともに口臭が強くなったと感じる人は多く、実際に加齢は口臭の原因の一つと言われます。

いつから対策を取ればニオイに悩まされずにすむのか、口臭予防が本格的に必要になる年齢について調べてみました。

口臭の原因として考えられるのは虫歯や歯周病などの口内トラブルです。虫歯は年齢と関係なく起こりますが、歯周病は40歳以上の8割がかかっているとも言われます。

そのため40歳以上では歯周病対策が必要になるでしょう。もちろん口腔ケアをしていなければ若くてもかかる病気のため、早めの対策が何よりも重要です。

唾液は口内を清潔に保つために大切な役割を果たしますが、40代以降は少しずつ分泌量が減ります。

これも口臭を悪化させる原因の一つで舌苔が増えたり、歯周病の進行を早めたりします。口臭の原因とされる消化器官などの内蔵トラブルも、40歳くらいから増え始めると考えて良いでしょう。

仕事が忙しいと定期的に歯科検診を受けるのは難しいかもしれません。

しかし、口臭の原因の9割が口内にあるとも言われるため、歯医者でのケアは必須です。

歯周病になると完治は難しく、口臭をひどくする大きな原因となります。最低でも年に一度、できれば半年に一度の歯科検診を心掛けましょう。

口臭が強くなるのは40代からで予防のためには30代からのケアが必要だと思って良さそうです。

歯磨きやうがいなどの基本的な口腔ケアはもちろん、健康に気をつけることも口臭予防には不可欠です。

スポンサーリンク
おすすめの記事