スポンサーリンク

普段はあまり気にならない人でも、寝起きだけは口臭がひどいと感じることがあるようです。

なぜ寝起きは口臭がひどくなるのか、どうすれば改善できるのかについてまとめてみました。

食後の口臭よりも強いと言われるのが寝起きの口臭で、誰にでも起こります。

原因として考えられるのは、就寝中に唾液の分泌量が減少することによる細菌の増殖です。

唾液には自然の殺菌作用があるため、起きている間は急激に細菌が増えることはありません。

しかし唾液が減ると、細菌の活動が活発になり悪臭を発生させるということです。

口呼吸が癖になっている人は口内の乾燥がさらに進み、細菌の増加を促進してしまいます。

胃腸にトラブルがある場合やホルモンバランスの乱れも、寝起きの口臭を悪化させる原因になります。

口臭の原因は一つとは限らないため、複数の対策が必要になることもあるでしょう。

寝起きの口臭を防ぐためには、就寝前に口内の細菌を減らすことが大事です。

丁寧に歯磨きをし、殺菌・抗菌作用のあるマウスウォッシュを使うと口臭改善効果が期待できます。

ニオイの元になりやすいタンパク質の多い食事を避けることも口臭予防になるでしょう。

口内の乾燥を防ぐために就寝前は水分補給をし、乾燥する時期にはマスク着用で寝るのもお勧めです。

寝起きの口臭は誰にでも起こるとはいえ、やはり気になる人は多いはずです。

就寝前の対策と起きてすぐの歯磨きを徹底することで、少しずつ改善していきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事