スポンサーリンク

同僚や上司などとの会話中に口臭が気になると話に集中できず、仕事に支障が出ることもあります。

オフィスでの口臭対策は社会人のマナーとも言われますが、どんな時に最もニオイに気をつけるべきなのでしょうか。

仕事の打ち合わせや会議中などは、普段より話し相手との距離が縮まるため口臭には気をつけましょう。

一緒に書類を見る時など、他人の口臭が気になったことがある人もいるのではないでしょうか。

狭い空間では空気もこもりがちで、ニオイが特に気になります。

ランチ後にミーティングがある時などは、きちんと歯磨きを済ませておくと安心です。

忙しくて仕事に追われている時や上司と仕事する時は、いつもより緊張状態にあります。

こういう時は唾液の分泌量が減り、口臭が強くなることも多いと言われています。

歯磨きやうがいをするのが難しければ、水やハーブティーで水分補給をしましょう。

口内を乾燥させないことも効果的な口臭対策の一つです。

取引先に口臭で不快な思いをさせると仕事が上手くいかなくなることもあります。

スメルハラスメントという言葉もあるほど、ニオイに敏感な人は少なくありません。

人に会う時には口臭予防のための歯磨きやうがいを欠かさないことが大事です。

また、外出先ではガムやタブレットを利用して口臭対策に努めてください。

口臭対策は仕事をスムーズに進めるためにも必要な気遣いです。

同僚や上司などいつも一緒にいる人だからこそ、不快な思いをさせないようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事