オーラルケアと生理的口臭を理解する重要性

口臭を改善するためには様々な方法があります。当ページでは、オーラルケアと呼ばれる口腔の手入れの仕方を紹介しております。改善や予防の基本を日常の生活に取り入れ、口臭に関するお悩みを是非取り除きましょう。

オーラルケアとは、シンプルに言うと歯ブラシやデンタルフロスなどを使って口腔をお手入れするということです。

一般的には、歯磨きは物心がつく前から行っているものなので、今さらオーラルケアなどという新しい言葉で表現する意味がわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、昔と違って食生活は大きく代わり、食事時間は不規則になりましたし、食べるものの種類も歯に残りやすい加工食品やはさまりやすい柔らかなものが増えています。

そのため歯磨きだけではなくケアの方法も変化していますし、デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュなどのケア用品の種類もどんどん増えているので、口腔内のケアをトータルしてオーラルケアというようになったのです。

オーラルケアの基本となるのは歯磨きですが、その効果は歯垢を除去して虫歯や歯周病を引き起こす雑菌の繁殖を防ぐ、歯垢を取り除くことで歯石の発生を防ぐ、口臭を予防するということが挙げられます。

ただ食生活やライフスタイルの変化によって、口の中は汚れやすくなっているため、歯磨きだけでは口腔を清潔に保てなくなっています。

口の中の汚れは、食べ物のカスだけではなく、歯の表面に付着する細菌のかたまりである歯垢、歯垢の石灰化によって出来る歯石、コーヒーなどに含まれるタンニンなどの着色、舌に細菌や食べものが溜まることでできる舌苔の4種類になります。

これらの汚れを取り除いて口腔の状態を清潔にするのがオーラルケアで、あらゆる汚れに対して特化したケアをすることで、口腔疾患や口臭を防いだり改善していきます。

生理的口臭とは

口臭がする原因は様々で、歯磨きなどのケアをしている健康な人であっても生活的口臭は起こり得る症状です。不安をお持ちの方はこちらで掲載中の方法を実践してみてください。簡単に口臭ケアできる情報をお見逃しなく見てみましょう。

口臭は多かれ少なかれ誰にでもあるもので、きちんとデンタルケアをしていて、健康状態に何の問題がない人でも口臭がすることがあります。

これが生理的口臭というもので、夜にしっかり歯磨きをしても起床時だけは臭ったり、ストレスが溜まることで口臭が出たり、空腹時に口の臭いがきつくなるという症状が挙げられます。

生理的口臭というのも、ほとんどが唾液の分泌量によって引き起こされます。

唾液は健康であっても常に一定の量が分泌されているわけではなく、生活行動や精神状態、神経の働きなどの影響によって変化をするので、たくさん分泌される時もあれば減少してしまう時もあります。

例えば起床時に臭いがあるのは、人が寝ている間は口を動かすことがないので、唾液の分泌量が極端に減少するからですし、ストレスが溜まると精神バランスが崩れて唾液の分泌量が低下するため口臭につながるのです。

生理的口臭がする場合は、唾液が不足している状態を改善する必要があるので、まず水分を補うようにするのが一番です。水を飲んだりうがいをすると、口腔に水分が行き渡るので口臭を素早く軽減する効果が得られます。

仕事などで水分を補えないという場合は、飴を舐めたりガムを噛んだりすると唾液の分泌が活性化して、気になる臭いの改善が出来ます。

シチュエーションによって対策は異なりますが、とにかく水分補給や唾液の分泌がポイントになるので、自分で工夫していけば生理的口臭は比較的簡単に改善できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする