オーラルケアってどんなことをするの?

オーラルケアって言葉ではよく聞きますが、オーラルケアってはっきり答えることのできる人は少ないです。

一言で言うと歯ブラシやデンタルフロスなどを利用して口腔内を清潔に保つためにケアをするということです。

常識的に考えて、ハミガキは幼く物心がつく前から親にしやっているものなので、ここに来てオーラルケアなどという新しい言葉で主張する意味がイメージできないという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、従来と比較すると食事内容はグッと代わり、食事時間はアンバランスになりましたし、ご飯を食べるものの食品の種類も歯に残留しやすく加工食品やはさまりやすい柔らかなものが拡がっています。

そのためハミガキだけではなくケアの方法も進化しましたし、デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュなどのケア用品の種類もどんどん増えているので、口腔内のケアをトータルしてオーラルケアというようになったのです。

オーラルケアの基本となるのは毎日の歯磨きですが、その効果は口腔内の歯垢を除去して虫歯や歯周病の要因となる細菌の増大を阻止する、歯垢をキレイにすることで歯石の発生をも防ぐ、口臭をストップするということがあがっています。

ただ食事や飲み物などの内容や生活習慣の変化によって、口の中は大変汚れやすくなっているため、ハミガキだけでは口腔を清潔に保てなくなってしまいました。

口の中に存在する汚れは、食事内容のカスだけではなく、歯の表面に引っつく雑菌のかたまりである歯垢、歯垢の石灰化によって出来る歯石、コーヒー等に含有されるタンニンなどの着色、舌に細菌や食べものが蓄積することでできる舌苔の4種類だと言えます。

こういった類の汚い部分を改善して口腔状態を衛生的にするのがオーラルケアで、さまざまな汚れと比較して特化させたお手入れすることで、口腔疾患や口臭を予防したり正常な状態に戻していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする