スポンサーリンク

親知らずが原因となり口臭を発生させることがありますが、これは抜歯すべきなのでしょうか?

抜歯によって改善できる口臭のタイプについて詳しくご紹介しています。

親知らずがなぜ口臭を発生させてしまうのか、口臭と抜歯の関係性について知っておきましょう。

生える本数も時期も人によって異なる親知らずは、口臭の原因に挙げられることもあります。抜歯が口臭予防や改善になることもあると言われるため、気になる人は歯科医と相談してみましょう。

親知らずは上下の顎の一番奥に映える永久歯ですが、全ての人に生えるとは限りません。

全部で4本のうち1、2本しか生えない人も多く、生えてこないままの人もいます。

また、真っ直ぐ生えずに斜めや真横に伸びてくることも少なくありません。親知らず自体は普通の永久歯ではあるものの、生え方によっては口腔トラブルの原因となります。

隣の歯に重なるように生えたり完全に生えきらず途中で成長が止まる親知らずもあります。

このような場合は、歯磨きがしづらく隣の歯に影響を与えることも考えられます。

また、不潔になりやすいため歯肉炎や歯周病の原因になることも少なくありません。親知らずが口臭の原因と言われるのは、口内環境を悪化させる可能性があるからです。

必ずしも抜歯が必要とは言えないものの、生え方に問題がある時は抜歯を検討した方が良いでしょう。

虫歯や歯周病になってしまうと周囲の歯や歯茎にまで悪影響を与えます。

噛み合わせや生え方などを歯科医師に確認してもらい、抜歯するかどうかを決めてください。親知らずそのものが口臭を発生させる訳ではありませんが、口臭の原因を作りやすいのは確かです。

すでに虫歯になっている人や斜めに生えている人は、抜歯も選択肢にいれて検討してください。

自分の口臭は病院で治療できるか調べてみよう

自分で口臭に気が付くと、常に気になるものでしょう。これは病院で治療することができるのでしょうか。

病気かわからない口臭をどう相談したらいいのか、治療方法についてなど、口臭治療にかかわる情報を掲載しています。

口臭と一口に言っても、口臭を引き起こす原因によって一過性口臭、生理的口臭、病的口臭、仮性口臭症、口臭恐怖症など細かく種類が分かれています。

つまり口臭の種類によって、どんな病院で治療できるかが変わりますし、治療できるものとできないものも出てきます。

一過性口臭は簡単に言うと、にんにくなど臭いの強いものを食べたり、歯磨きをしなかったなど自分の行動に原因がある口臭になるので基本的に治療法はありません。

生活習慣を見直したり、歯磨きをしっかりするなど自分で改善するしかないと言えるでしょう。

生理的口臭は、歯磨き不足や歯垢などが溜まり口内の衛生面が悪化して起きるので、歯科医で歯垢を取るなどの治療が出来ます。

病気が原因となる病的口臭は、病気を治療することが優先なので口臭は病気を治すことで改善出来るという考え方をされるので口臭に対しては積極的な治療は行わないのが一般的です。

仮性口臭症は口臭がしていないのにしていると思い込んでいる人が特徴のもので、口臭恐怖症は口臭に対して過敏になりすぎている症状ですので、心療内科や精神科での治療になります。

ただし、自分で口臭の種類を判断するのは難しいので、どう改善すればいいかわからない方も多いようですが、そんな時は口臭外来を利用するのがお勧めです。

口臭外来というのは、口臭の種類を判断したり解消法を指導してくれるので、自分の口臭は病院で治療できるか調べることが出来ます。

ただ症状によっては保険診療が効かないこともあるため、事前に問い合わせをするなどしてから利用するといいでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事