虫歯による口臭の特徴と予防や対策の方法・歯医者に行くしかない?

一般的にどんな口臭対策が可能なのか?口臭が強くなってくると自分では対策出来なくなるのか?

食べ物のカスが虫歯などに挟まって腐敗した臭いを出すこともあるので治療も必要な場合が多いです。ここでは歯科医院で対処することができる口臭の各種原因について詳しくまとめています。

虫歯は歯の痛みや歯茎の腫れだけでなく口臭の原因にもなるため、早めの治療が必要です。ここでは、虫歯による口臭の特徴と予防や対策についてお伝えします。

虫歯は内臓の病気などと違い、放っておいて治ることはなく進行する一方です。そのため虫歯になったら歯科医の治療を受けることが大事で、それが口臭予防にもなります。

また、治療すればそれで終わりというわけでなく定期的な検診も重要です。

小さな虫歯がすぐに口臭を発生させる訳ではないので、虫歯の進行を止めることが口臭対策にもなります。

虫歯による口臭は食べ物のカスが虫歯の穴で腐敗したニオイ、むし歯菌が発生させるガスのニオイです。どちらも強烈なニオイで、卵が腐ったような悪臭ともオナラのような臭さとも例えられます。

これを防ぐには虫歯の治療が第一で、治療が進むにつれて口臭も薄れていくはずです。

なってしまった虫歯は歯医者に行かなければ治せませんし、虫歯治療が何よりの口臭対策です。しかし虫歯予防は毎日の歯磨きで可能ですし、歯磨きは口臭予防の基本でもあります。

歯医者が嫌いな人は多いでしょうが、虫歯がなくても定期的な検診は必要です。口臭が強くなってからではなく、半年から一年に一度は歯医者に行くのがお勧めです。

虫歯による口臭は自宅でのケアだけで改善できないので、必ず歯医者に行く必要があります。

治療と定期的な歯科検診で口の中を健康に保ち、虫歯と虫歯による口臭の予防と対策に努めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする