スポンサーリンク

歯科口腔外科とは、どのような治療をする方が利用しているかご存知でしょうか。

この施設では口に関する疾患にお悩みの方の診察を行う科目を扱っています。口臭が気になるという方におすすめの情報はこちらで公開しております。

歯科口腔外科とは、口の中や顎、顔全体だけではなく、顔に隣接している組織に現れる先天性または後天性の疾患を診察治療する科目になります。

口腔から顔全体とその周りにある組織には、虫歯や歯周病などによってあらゆる症状が引き起こされますし、他にもがんなどあらゆる疾患が発生します。

またこういった疾患以外にも、交通事故やスポーツによる外傷や骨格の変形、唾液を減少させる唾液腺疾患、口腔粘膜疾患、神経性疾患など外科的疾患から内科的疾患が発症する部位でもあります。

口腔とその周辺に疾患や異常症状が発生すると、食事が上手く取れなくなったり、言葉の発音が上手にできなくなりコミュニケーションに障害を起こしたりします。

さらに機能の問題だけではなく、顔が歪んでしまって左右非対称になる、口が半開きのままになってしまうなど審美的な問題まで起こります。

そして、もう一つ起きやすいのが口臭です。

虫歯や歯周病はもちろん、かみ合わせが悪かったり歯並びが悪いと食べ物のカスなどが残ってしまい、それが腐敗して口臭が引き起こされます。

唾液が減少する疾患の場合は、唾液が不足することで口臭が発生してしまいます。

口腔からその周辺の疾患および疾患による諸症状を治療したり改善するのが口腔外科です。

最近は、普通の歯科医では見つからない口臭の原因を見つけられる科目として口臭症を取り扱う口腔外科も増えているので、口臭がするけど原因が特定出来ないという方は歯科口腔外科を受診するといいでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事