新陳代謝を高めて元から健康作り

体臭と同様に口臭は、年齢を重ねるほど悩む方や症状が悪化する方が多くなっているようです。

新陳代謝が低いことが口臭の原因の一つにあげられます。健康作りをすることで新陳代謝を高め、口臭の原因を元から改善していきましょう。

体臭だけではなく口臭も、年齢を重ねるほどに臭うようになるもので、お年寄りの部屋などは普通とは少し違うニオイがするものです。

加齢によって起こる口臭の原因は、主に新陳代謝が低下してしまうことが挙げられます。

新陳代謝というのは健康に大きく関わっているもので、細胞を新しく再生して体が受けた肌のダメージや内臓機能の低下を回復させたり、エネルギーを効率よく生み出して体を動かしたりしてくれる機能になります。

さらに唾液の分泌にも関係していて、新陳代謝が低下すると唾液の分泌量まで低下するため口臭がするようになるのです。

ただ新陳代謝のピークは18歳と言われていて、この年齢を過ぎると度合いの違いはあるものの、誰でも低下していきます。

高齢者ということに限らず、20代でも30代でも新陳代謝の低下が原因で口臭が引き起こされることがあるのです。

また唾液の量が少なくなるということは、口の中を衛生的に保つことも難しくなるため、歯周病や歯肉炎、虫歯などになりやすくなってしまいます。

歯科的なことも口臭の原因となりますし、そもそも健康を保つために必要な新陳代謝が衰えるということは、病気になりやすい体になる上に口臭が起きるリスクも高くなるのです。

新陳代謝を高めて元から健康作りをすることは、口臭を予防したり改善するためにも、健康にも大切なことですので、口臭はもちろん疲れやすい太りやすいなどの症状が出たら代謝をアップさせる運動や食生活を実践しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする