スポンサーリンク

口臭対策としてサプリを使う人は多いですが、実際に効果を実感できているのでしょうか。

どんな成分がニオイに効果的なのか、おすすめの成分と効果の実体について調査してみました。

口臭の原因の多くが、口内環境の悪化によるものと言われています。

虫歯や歯周病になると口内に雑菌が繁殖しやすくなり、それが悪臭を発生させます。

口臭サプリには細菌を殺菌し、ニオイを抑える効果が期待できる成分が多数配合されています。

ただし、中には香料のニオイで口臭をごまかすだけのものもあるため、配合成分の確認が重要です。

カテキンやフィトンチッド、シャンピニオンエキスは口臭サプリでお馴染みの成分です。

抗酸化作用や消臭効果も期待できる成分で、香りでごまかすのではなくニオイの元に働きかけます。

腸でも殺菌や消臭効果を発揮してくれるので、腸内環境悪化による口臭にも効きそうです。

タンパク質分解酵素もニオイの元を分解する効果が期待でき、口臭そのものを軽減してくれます。

口臭予防に効果的として、最近注目されているのは乳酸菌です。

整腸作用があることで知られる乳酸菌は、口内フローラを良好にするとも言われています。

殺菌ではなく善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることで、口臭対策するというものです。

口臭サプリの成分は様々で、組み合わせ次第で相乗効果も期待できます。

原因やニオイの強さによって合う、合わないもあるため、色々なサプリを試して自分にピッタリなものを見つけてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事