スポンサーリンク

ストレスが口臭を悪化させるケースについて詳しくまとめています。ストレスを減らして、色々な予防や対策を始めましょう。

自律神経の乱れが口臭にどのような影響を与えるのか、どんなストレス解消の方法が良いのか参考にしてください。

ストレスが様々な病気の原因になることはよく知られていますが、実は口臭を悪化させるとも言われています。

どうすればストレスを減らして口臭を改善できるのか、色々な予防や対策についてお伝えします。一般的に口臭の8割~9割は、虫歯や歯周病などの口腔トラブルが原因とされています。

この他の原因としては消化器官や肝臓などの病気、自律神経の乱れが考えられます。

ストレスで口臭が悪化すると言われるのは、自律神経の乱れが唾液の分泌量を低下させるからです。

気持ちをリラックスさせることが口臭予防の重要なポイントとなります。

唾液不足で口臭が強くなるのは雑菌の繁殖を促すからです。殺菌作用を持つ唾液が減少すると雑菌が増え、ニオイが強まります。

こうした状態での口臭を改善するにはガムや飴を食べるのも一つの方法です。

ただしストレスを抱えたままでは根本的な対策になりません。

ストレス解消には原因を取り除くのが一番ですが、そう簡単にはいかないでしょう。人によっては口臭の悪化がさらにストレスになることもあります。

水を飲んだり飴やガムを食べたりといった対処法を取りながら、ストレス発散に努めることが大事です。仕事や人間関係の煩わしさから解放されるような趣味を持つのも良いかもしれません。

口臭の原因がストレスだとわかっているのであれば、ストレス解消が最も効果的な予防策です。

リラックスできる場所や趣味を見つけるなど、少しでも気持ちが楽になれる方法を探してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事