小児歯科とは?普通の歯科と何が違うの?

子どもであっても虫歯になってしまうことや口臭がしたりなど歯科へ通院するケースは珍しくありません。子どもの歯は大人の歯と違う知識も必要になります。専門的な知識を持った小児歯科についての情報を掲載しておりますのでご活用ください。

小児歯科といっても、歯科医の資格を取るためには、大学で勉強して国家試験を受けるということは共通しているので、歯科とまったく違うことはありません。

ただし、歯医者になるための勉強とは別にゼミというものがあり、義歯、歯科麻酔、矯正歯科、小児歯科などのカテゴリに分かれて勉強をすることが出来ますので、小児歯科という看板を掲げている歯科は、ほとんどの小児歯科に関しての専門的知識を持っています。

子供の歯というのは、成長しきった大人の歯と違って、乳歯から永久歯へと成長していく段階になるので、ある程度の知識が必要になります。

小児歯科では、成長期である子供の歯に知識のある歯科医が診察をしてくれるということなのですね。

また、小児歯科は歯医者を怖がる子供のためにいろんなおもちゃを用意していたり、歯科医も助手も子供の扱いが上手なので、子供は小児歯科で診療するのが理想的と言えるでしょう。

その小児歯科で最近増えているのが、子供の口臭に悩む親の相談です。

子供の口臭は虫歯などの歯科的原因よりも、磨き残しや食生活によって起こることが多いのですが、小児歯科では子供の口臭に関しても知識を持っている歯科医がいるので、口内の病気の治療だけではなく子供の歯磨きのやり方や食生活の指導までしてくれます。

子供の口の中のことは親でも分からないものなので、仕上げ磨きの正しい方法がわからない、子供の口臭がきついなどの悩みがあったら小児歯科で相談してみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする