スポンサーリンク

タバコが口臭の原因であるのは比較的知られていることですが、口臭を引き起こす大きな要因なのがタバコに含まれているタールです。

タバコの煙が衣服や髪につくとヤニ臭くなりますが、これはタールが付着することが原因で、このタールはもちろん吸うときに口の中に広がるので歯や舌などにくっついてしまいます。

タバコを吸うのが日常的になっている場合は、口内にタールが残っている状態ですし、そこに食べ物や飲み物などの臭いが重なって息が臭くなるのです。

さらに、タバコに含まれるニコチンは血管を急激に収縮させる作用をもっているので、血液の循環を悪くします。

口内の血液循環が悪くなると、唾液が十分に分泌されなくなり細菌などが増殖し口の中が不衛生になるので、これも口臭を発生させる原因となります。

このようにタバコのタールとニコチンの両方が口臭を引き起こす要因となるため、喫煙者というのは吸わない人よりも倍近くの口臭がするのです。

また、タバコを吸うことで唾液が減って口内環境が悪化すると歯垢などがつきやすくなるので、歯周病になったり虫歯になるリスクも高くなります。

歯垢や虫歯というのも口臭の原因になるので、間接的ですがこれもタバコによって口臭が引き起こされる要因の一つとなります。
しかも唾液が十分に出ないと、自分で口内の状態を改善する力がなくなるので、タバコを吸う人はどんなに丁寧に歯磨きをしてもガムを噛んでも口臭が起きてしまうのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事