口臭が強くなってしまう食べ物やメニューと臭いの解消方法

口臭が強くなってしまう食べ物といえば何があるでしょうか?

臭いの強い食べ物の代表であるニンニクを含むさまざまな食品による口臭への対策方法について確認しておきましょう。

口臭対策に効果的な食べ物やレシピ・メニューについて知っておくと良いでしょう。

口臭の原因は虫歯や歯周病など様々ですが、普段から口にしている食べ物が口臭を悪化させることもあります。

何を食べるとニオイが強くなるのか、どうすれば解消できるのかについてまとめてみました。

ニオイの強い食べ物の代表といえばニンニクですが、他にネギやニラなども口臭を強くすると言われています。

体内で消化し排出されるまでには16時間かかると言われているため、食べるタイミングを考えた方が良いでしょう。

脂質の多い肉や乳製品も分解の際に悪臭を発生させる食べ物です。

口臭だけでなく体臭としてもニオイを発生させるため、他の食物よりも口臭がひどくなったように感じるかもしれません。

アルコールの摂取も口臭を悪化させますが、これはアルコールが分解される時のニオイと水分不足のせいです。

利尿作用のあるアルコールが体内に入ると唾液量も減少します。

口呼吸が癖になっている人はさらに口内が乾きやすく、飲酒の翌日は口臭が強くなったと思うでしょう。

食べ物によるニオイを解消するには消化を早めることと水分補給が大事です。

口の中に残った食べ物のニオイは歯磨きやガムを噛むことで軽減できます。

消臭効果のあるハーブティーなどで水分補給したり、うがいをしたりするのもお勧めです。

美味しいものを食べたいけれど口臭が気になる時は、食後の効果的な消臭方法を覚えておきましょう。

どうしても食後すぐにニオイを消したい人は、口臭対策のタブレットをでも効果が期待できそうです。