スポンサーリンク

更年期には特有の口臭がありますので、さまざまな症状で悩まされることになる中高年の女性は特に注意が必要です。

更年期から気になる口臭のタイプについて詳しくまとめていますので、中高年の女性の方で思い当たる症例があれば対策を始めましょう。

辛い更年期症状に悩まされる中高年女性は少なくありませんが、更年期に口臭が強くなる人もいます。

更年期と口臭にはどんな関係があるのか、予防はどうすれば良いのか気になる点について調べてみました。

ホルモンバランスの乱れや女性ホルモンの減少で起こる体の変化の一つに、唾液量の減少があります。

口内の細菌を殺菌する唾液が減ると口臭が強くなるため、更年期に口臭で悩む女性は少なくありません。

また、ドライマウスに陥りやすくなるだけでなく、唾液自体も濃く、ネバネバしたものになるそうです。

ガムを噛んだり、咀嚼回数が多くなる食材をメニューに取り入れて唾液量の減少をカバーしましょう。

更年期の様々な症状がストレスになったり、ホルモンの乱れが自律神経に変調を起こしたりすることもあります。

これらも唾液量減少の原因ですが、唾液が減ることで歯周病や虫歯になりやすくなるのも更年期の特徴です。

これまで以上にオーラルケアに気を使い、歯科医の検診を定期的に受けることで口臭予防に努めましょう。

中高年以降は色々な病気で服薬する女性も増えてきます。

副作用によって口が乾きやすくなることもあるため、気になる時は医師に相談してください。

自己判断で服薬を止めるのではなく、更年期症状と口臭の両方を改善できる方法を探しましょう。

年齢とともに体には多くの変化が起こります。

ホルモンのバランスを受けやすい女性は、更年期以降の口臭対策についても考えておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事