なぜ口臭は発生するの?予防のカギとなる主な原因について

口臭が発生する原因について知っていますか?予防と対策を始めるためにもぜひ考えてみましょう。

主に口の中で発生する口臭に加えて、消化器官などの内蔵のトラブルも口臭の原因になります。自分では気づきにくい口臭をぜひ解消しましょう。

口臭があると人との会話にも消極的になりがちで、人間関係にも影響するため予防が大事です。

なぜニオイが発生するのかの原因を知り予防と対策に努めましょう。口臭の原因の多くは舌苔や歯周病、虫歯など口内にあると言われます。

歯磨きをしても落としきれない雑菌がガスを発生させると口臭が強くなります。

歯周病になると歯茎の奥の部分に雑菌が増えますが、歯磨きだけで取り除くことはできません。

虫歯の場合も菌によるガスがニオイの原因となりますが、治療しなければ原因は残ったままです。

消化器官や肝機能低下などの内臓のトラブルも、口臭の原因と考えられます。

食べ物をスムーズに消化、吸収できなければ異常発酵を招き腐ったような悪臭が発生します。この他にも糖尿病や蓄膿症などの様々な病気が、口臭を引き起こすことも知られています。

口内に問題がないのに口臭がする時は、こうした病気にも目を向けてみましょう。自分では気づきにくく、人から指摘してもらうのは難しいのが口臭です。

気にし過ぎるのは良くありませんが、口臭を放置していると思わぬ病気が進行していることもあります。

また、原因を突き止めなければ効果的な予防策も取れません。口臭があるかもしれないと思った時は、まず歯科医に相談してみるのがお勧めです。

口臭予防のために何より大事なのは原因を取り除くことです。

きちんと対策すれば嫌な口臭を防ぎ、自信を持って人と接することができるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする