スポンサーリンク

舌には舌苔と呼ばれる汚れの塊が付きますが、これは口臭の原因の一つになります。

きちんとケアをしないと口臭を悪化させてしまう舌苔について、自分で出来る口臭予防の対策方法についてご紹介しています。

舌磨き専用のブラシやそれ以外のさまざまな対策を始めましょう。

舌の表面に付着した白いものが気になっている人もいると思いますが、それは舌苔と呼ばれる汚れの塊です。口臭の原因とも言われているため、きちんとケアしておかないとニオイを悪化させることになりかねません。

舌苔は誰にでもあるもので、すぐに口臭の原因になることはないと言われています。

通常は歯磨きや食事などで少しずつ剥がれ落ちていくため、必ずしも治療が必要となるわけでもありません。しかし、舌苔が厚くなると味覚が鈍くなったり、口臭が発生したりします。

歯磨きの際に舌も含めたケアをすることで、舌苔による口臭予防になります。

舌にたまった汚れの元は口腔内の粘膜や食べ物のカスで、ここに雑菌が繁殖し口臭を悪化させます。菌の繁殖によってガスが発生すると鼻を突くようなニオイを感じます。

卵が腐ったようなニオイとも言われる硫化水素のニオイが、舌苔による口臭の特徴の一つです。

舌磨き専用のブラシで汚れを落とす以外に、唾液の分泌量を増やすのも舌苔を予防する方法です。乾燥は口臭を悪化させることになるため、水を飲んだりマスクをしたりするのも良いでしょう。

マウスウォッシュなどでのうがいも効果的ですが、アルコール入りは乾燥を悪化させるので気をつけてください。

舌の状態は自分の目で見ても確認しやすいので、舌苔による口臭対策は比較的簡単にできそうです。磨きすぎて舌を傷つけないよう気をつけながら、口臭予防と改善のためのお手入れを続けましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事